進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

「昭和」を読む会に参加

マスターのブログ仲間である歌人の木村草弥氏
最近新作歌集「昭和」を出版された。

マスターごとき者にも、「池袋で読書会を開くので
是非参加を」との話しがあり、畏れ多いことながら参加させていただいた。

木村氏はブログ中しばしば「トシなので上京する機会は無いかも」と
書いていたので、著者不在のこじんまりとした輪読会みたいなのを
想像していたら、あらま驚き木村氏も元気な姿を見せていた。
読書会は数人のパネラーの批評と他の参加者の感想を述べて
大変面白かった。

参加者の皆さんはマスター以外はどこかの短歌結社に所属されていた。
マスターも俳句を実作しており、句会の先生からは先生の主催する結社への
参加を勧められているが、多忙を理由に遠慮していた。
こういう時に「肩書きなし」は困るので、結社に参加しましょうか。
その前に句会もさぼりがちなので、そちらの方にもでないと。

面白いのはパネラーの推した短歌と一般参加者の推した短歌に
違いがあったこと。

句会の経験では、パネラーの方が理解度が深いのだろうか。

皆さん品の良い方で、言葉遣いは上品だが
疑問におもったことははキチッと口に出されるのには感心した。

懇親会では明らかに会費以上の酒肴が供せられ恐れ入るばかり。
今回の読書界の発起人三井修氏とも話す機会があった。
マスターの学生時代からの友人(拙ブログにも登場している)が、
三井氏がかって勤めていた会社にやはり勤めており
一緒に仕事をした仲であることを知り、意外な縁に驚いた。

マスターは酔いが回ってしまい
女性が多い会にもかかわらず、品の無い話ばかりしたと思います。
この場を借りてお詫びします。

清会に改め学ぶ月涼し


歌集 昭和歌集 昭和
(2012/03/24)
木村 草弥

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する