進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

金正恩氏は本気で改革・開放を行ってほしい

米国務省は11日、北朝鮮が米国のアニメキャラクターを無断で使ったことについて、「北朝鮮は国際社会の責任ある一員として知的財産権に関する義務を順守するべきだ」と要求した。


国務省のベントレル副報道官は同日の記者ブリーフィングで、「米国は知的財産権問題を大変慎重に取り扱っている」として、このように述べた。ただ、米国と北朝鮮間では国交がないことを取り上げ「通常のケースのように二国間関係の方法で北朝鮮に同問題を提起するのは難しい」と話した。また「米政府は(人権など)住民たちの要求に北朝鮮当局が応えるなければならない、より広範な問題に焦点を合わせたい」とし、「法的な問題は著作権者であるディズニーに問い合わせて欲しい」と語った。


北朝鮮は7日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が鑑賞した牡丹峰(モランボン)楽団の公演でミッキーマウスとくまのプーなどディズニーのアニメキャラクターが登場したが、ディズニー側はこれを容認したことがないと表明したことがある。

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2012071325758

少し前のニュースですが、当方忙しさにかまけて詳しくチェックしていませんでした。
YouTubeを見たらこのモランボン楽団のテレビ中継版がアップされていたので
鑑賞。 なかなか面白かったです。
まずは軍人が多い観客が拍手でキム夫妻を迎えます。
以下、マスターの知っているあるいは推理した曲が軽快な8ビートを
中心に続きます。
かっては西洋のクラッシック音楽も御法度だったのを知る年配者の
観客や視聴者は、内心驚愕していた方も多いでしょう。以下曲紹介。

時間
(大まかです) 曲名

2:35      アリラン
14:45     シバの女王
23:40    リチャード・クレイダーマンの曲
31:50    エーゲ海の真珠
39:44    中国の革命歌
47:45    ロッキーのテーマ
50:00    有名曲(曲名知りません)
1:00:00  マイ・ウェイ
1:11:30  ここからディズニーメドレー
       「世界はひとつ」に合わせてディズニーキャラ登場。
        ここは平壌でなく浦安?
       もっとも「トム&ジェリー」や「白鳥の湖」、
        「ハンガリー狂詩曲第2番」もあります。

1:28:20  チゴイネルワイゼン

と言ったところです。

勿論、北朝鮮の革命歌や正恩氏の讃歌「パルコルム」の
変奏曲らしき曲もあります。

国歌のポップス・ジャズ・ロック風の編曲を事実上認めていない
どこかの国の方がよほど「北朝鮮的」です。

当然、コリアンウォッチャーたちのブログを見ると
「お忍びでディズニーランドに行けなくなったので、平壌で
 見ることにしたのか。」といった皮相的な感想もあります。

でも、著作権にうるさいディズニーがこれだけ派手な著作権破りを
黙認するわけはないでしょう。

核兵器・ミサイル同様の「瀬戸際外交」で、
テーブルにつくであろうディズニーを突破口にした、
アメリカとのパイプ作りの意図が見えています。

マスターの世代は「中国にいるアメリカ人はスパイだけ。」
という冗談は本当だった時代を知っています。

そして卓球選手団の交流から、あの「赤狩り」で名を馳せた
ニクソン大統領が事実上の国交を拓いたことも。

ゴダイゴが奏でるロックを緊張しながら聞いた中国人民も知っています。


スイス留学をした若い指導者が「謎の国」を
「普通の国」へとまず変えることを願います。
勿論、拉致問題も納得できる回答を願います。



四次元の感覚現に熱帯夜

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する