進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

こんな映画を観た「エスパイ 」

1974年の暮れ、仙台の拙宅から歩いていける距離に、
ボーリング場を改装した映画館が出来た。
確かそのこけら落としとして上映された。友人と一緒に鑑賞。

細かい内容はさすがに覚えていないが、国際陰謀団に対して
超能力を持った「エスパイ」たちが立ち向かうというSFアクション物。
原作は小松左京先生。

よく覚えているシーンは、エスパイの一人由美かおるが
敵に騙され怪しげな薬を飲まされ、踊っている最中に
胸をはだけてそのきれいなバストを見せてくれるシーン。

すぐに他のエスパイが助けに来て、由美さんは
胸を手で押さえながら「私としたことがなんということを。」
としゃべるところで場内爆笑。

当時彼女は「同棲時代」の直後で、
「脱げる女優」と見られていたのでしょうね。

併映は「伊豆の踊子」(山口百恵)。モモトモコンビの第一作。
こちらが本命でしょうが、本作も正月映画らしいノリの良さはあります。

(1975年1月 南日之出劇場)
なおこの映画館、一般作上映は一年ほどで行き詰り、「長町劇場」と改名して
ポルノ二番館になります。’80年代まであったと記憶しています。

冷房を停めて窓開く鳥の声

エスパイ [DVD]エスパイ [DVD]
(2004/09/25)
藤岡弘、由美かおる 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する