進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

H・デービッド氏死去 「雨にぬれても」作詞家

ハル・デービッド氏(米国の著名作詞家)米メディアによると1日、
脳卒中による合併症のためロサンゼルスの病院で死去、91歳。

 ニューヨーク生まれ。ニューヨーク大でジャーナリズムを学び、第2次世界大戦への従軍を経て
作詞家の道へ。1960~70年代を中心に、作曲家バート・バカラック氏とのコンビでヒット曲を連発した。

 69年の映画「明日に向かって撃て!」の挿入歌「雨にぬれても」はアカデミー賞を受賞。
ブロードウェーのミュージカル「プロミセス、プロミセス」の音楽でグラミー賞を受賞した。

 ほかの代表作「遥かなる影」、「小さな願い」なども世界中のアーティストが歌った。
80~86年に米国作曲家・作家・出版社協会(ASCAP)会長を務めた。(共同)

daved.jpg

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120902/ent12090213430006-n1.htm

バート・バカラックの曲は日本でも流行しました。
作詞者の方は日本では洋楽ということもあってあまり話題にならなかったようです。
今回の訃報もネット上ではあまり話題になっていません。

この記事に挙がっている三曲共にマスターは好きというか思い入れがあるので
気になり記事にしました。
「雨にぬれても」は過去記事を参照してください。

「遥かなる影」はカーペンターズの日本デビューシングルとして有名です。


「小さな願い」。申し訳ありませんがこれはポール・モーリア版
(つまり歌詞がない。)で勘弁願います。
中学校の昼休みの給食時間、校内放送ではイージーリスニングが流れていました。
この曲はその時初めて知った曲なので。
この「昼休みのイージーリスニング」については記事が書けますので
お楽しみに。


他にも「サンホセへの道」(今回歌詞を初めて読みましたが、大人の歌詞です。)
「何かいいことないか子猫チャン」などがマスターの耳になじみ深いです。

こういう一般ポップス系は10代のころは見下して、ハードロックしか聴いて
いませんでしたが、今聞くとなかなか味わい深いです。

向日葵の花も垂れけり午後三時
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する