進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

2012年の危険な検索はエマ・ワソトン

セキュリティ企業の米McAfeeは9月10日、マルウェアを仕込んだ不正サイトにユーザーをおびき寄せる目的で利用されやすい「危険なセレブ」の2012年版ランキングを発表した。今年の1位は「ハリー・ポッター」シリーズ映画への出演で知られる英女優エマ・ワトソンだった。

 ネット上では有名人の名をかたって不正サイトにユーザーをおびき寄せ、ビデオや写真が見られると称してマルウェアをダウンロードさせるなどの手口が横行している。こうした手口に使われることの多い有名人は、ワトソンに続いてジェシカ・ビール、エヴァ・メンデスの女優3人がトップ3に入った。

 一方、男性で20位以内に入ったのは人気司会者のジミー・キンメル(13位)のみ。McAfeeは「女性は男性よりも危険であることが分かった」と解説している。

 特に「free downloads」「nude pictures」の用語で検索すると、こうした危険な不正サイトに行き着く可能性が高かった。McAfeeの調査では、「エマ・ワトソンの写真」と「ダウンロード」の用語を組み合わせて検索すると、12.6%以上の確率で不正なサイトに行き着くことが分かったという。

 こうした不正サイトの被害に遭わないために、ビデオなどのコンテンツを提供する前提として何かをダウンロードさせようとするWebサイトには警戒する必要があるとMcAfeeは指摘。そうしたコンテンツは評判が確立された大手のWebサイトから入手した方がいいと忠告している。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1209/11/news032.html

最初この記事を見たときは「特に関係はない」と思った。
しかし、一歩踏み込んで考えると、これは誰でも引っかかる罠だと気づいた。
今では、自分の知らない「有名人」についてはネットで調べるのは当たり前ではないだろうか。
「なにやら人気者だがどういう人か」と検索するのは老若男女を問わない。
さらに「どんな顔をしているのだろうか。」と画像検索を行う人もかなりの確率だろう。
そこでアクセスしたWebが「悪意ある汚染サイト」だったらお手上げである。
拙ブログも過去に謎のアクセスを受けたが(過去記事参照)
もしかしたらこのような有名人を検索したときに、データを抜かれたのかも知れない。

ちなみにこれは英語圏のようだが、日本版はないかと検索をした。
やはりあった。

マカフィーは、このほどネット検索で悪質サイトに遭遇する確率が高い「最も危険な日本人セレブ」のランキングを発表した。グラビアなどで活躍する女性タレントや女優が上位を占めたという。

 ランキングのトップはタレントの佐藤江梨子さんで、画像や動画、スクリーンセーバーといった語句と一緒に検索することで、マルウェア感染サイトなどに誘導されてしまう可能性が高かった。2位には女優の京野ことみさんや米倉涼子さん、3位にはタレントの相澤仁美さん、井上和香さん、沢尻エリカさん、松浦亜弥さんがランクインした。男性のトップは福山雅治さんだった。

 同社によればグラビアやドラマ、CM、バラエティなど多方面で活躍している有名人が多くランキングしており、上位では過去に映画や雑誌、CMなどで刺激的な描写が話題になったという。サイバー犯罪者は日常的に有名人の名前や画像を悪用してインターネットユーザーをマルウェアに感染させようとしていると指摘する。

 同様の調査は米国でも実施しており、今年は女優のジェシカ・ビールさんがトップだった。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0910/26/news081.html


ごらんのように2009年版はあるようだ。
だがそれ以降(少なくとも2010年版はあって欲しい)は出てこない。
芸能プロダクションから横槍がはいったのだろうか。
所詮芸能人の「名誉毀損」より、一般ネットユーザーの被害のほうが
「公共の福祉」を優先すべきだがどうなのだろうか。
日本版の復活を望むものである。

トップに輝いたお二方の写真をアップします。
これでマスターのパソコンも終わり?。
エマ

さとえり

秋の明けあわてて毛布を掛けて寝る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する