進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

あの非売品陶器が売られていた

朝から舗道で老若男女がカップ酒片手にさまよっていても
驚いてはいけない荒川区。

しかし今回は驚いた。
都電沿いのあるディスカウントストア。
何げなく表に積んである売り物を見ると
なんと毎春大手パンメーカーがキャンペーンで
客に配っている非売品のフランス製陶器が売られているのではないか。
パン
写真左側の99円の値札がついている小鉢は
2009年春のキャンペーン品(下記画像参照)
2009.jpg
右側の199円の値札がついている皿は
おそらく2010年春のキャンペーン品(下記画像参照)
2010.jpg
この手の人気非売品アイテムは管理が厳しいはずである。
パンについているシールを集めないともらえないのだから
これが横流しされて安価(専門家によると一個1000円の価値はあるそうだ)
に売られているのではキャンペーンの意味はないからだ。

納入業者には非常に厳しい条件遵守を求めているこの会社。
いくら2~3年前のキャンペーン品でも、このような形で流出するとは
思いもよらなかった。

もし、この商品が「横流し」であったら、実行者は然るべき処分を受けるはずである。
減給くらいではすまないだろう。

あえて社名は検索に引っかからないように伏せました。

もっとも、この会社の社長は下記のようにキリスト者で
経営に聖書の教えを生かしているそうですから、
ひょっとして「赦す」かも知れませんな。
いや親族同士で内紛を起こした歴史があるから
厳罰に処すかも。

数日後、店の前を通ったら、該当品はすでに見当たらなかった。
売れきれたか、早速バレテ引き上げざるを得なかったか。

古陶器光沢鈍くそぞろ寒

山上の垂訓に隠された生命の道山上の垂訓に隠された生命の道
(2012/04/27)
ジュリアン・N・飯島

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する