進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

こんな映画を観た「007 スカイフォール」

久しぶりの封切りレビューです。
マスターは意外と007は見ていません。
劇場では「ユア・アイズ・オンリー」、テレビでは「二度死ぬ」だけです。
あとはテレビ上映の時にサワリをチラ見だけ。
それでもずいぶん見たつもりなのは、
ショーン・コネリー演ずる初代ボンドの人気が物凄かったからでしょう。
当時を知る方ならば頷けるはずです。

今回、ボンド映画公開50年ということで見参。
マスター同様、久しぶりにいや、全作見ているファンを考慮した
セリフ・シーン・音楽が出てきます。
そのたびに場内はオールド・ファンの歓声や笑い声が響きます。

相変わらず、ストリー・撮影技法は快調。最後まで一気に魅せます。
CG頼りではない特撮シーンも多く、
CG登場以前からの映画ファンにとってはこれもうれしい。

敵役が住む謎の島の外観は長崎の軍艦島が使われました。
内部はさすがにセット撮影です。
香港やマレー半島に残るタウンハウスをモチーフにしています。
エンドロールでも漢字で「軍艦島・長崎市」と紹介されています。

休日ということで場内は満員。
最近は「正月映画」などというのは死語になりましたが、
これぞまさしく「正月映画」。
しばらく映画を観ていない方こそご覧ください。

そのうち余裕ができたら「男はつらいよ」同様
「007」も第一作から順番に見ましょう。



007 スカイフォール [Blu-ray]007 スカイフォール [Blu-ray]
()
不明

商品詳細を見る


予告編です。これも出来がよいですが、やはり見に行かないと。



ガソリンと灯油を補充年の暮れ
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する