進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

マスターの仙台育英会五城寮の先輩 アルジェリアに果つ

南三陸出身の伊藤文博さん 中学同級生「故郷復興の意見聞きたかった」2013.1.26 00:04

 伊藤文博さん(59)は、日揮でアルジェリア事業を担当していた。伊藤さんと同じ宮城県南三陸町の中学校に通っていた同級生で、公立志津川病院(同町)の横山孝明事務長(59)は、伊藤さんが遺体となって帰国した25日、「何かの間違いであってほしいと思っていたが、願いはかなわなかった」と肩を落とした。

 伊藤さんの母、フクコさん(82)は東日本大震災で被災、仮設住宅で暮らしている。横山さんは「被災からやっと立ち直ろうとしていたときに、最愛の息子を失ったお母さんにかける言葉が見つからない」と話した。

 今年2月に開催する還暦を祝う同窓会には、伊藤さんも出席予定だった。会では震災で亡くなった同級生らとともに伊藤さんの追悼も行うという。横山さんは「故郷の復興についても考えていたはず。意見を聞きたかった」と悔しがった。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130126/crm13012600050000-n1.htm

伊藤さんの記事は日本政府がテロの犠牲者氏名を発表する前から、
記事が出ていてマスターも見ていました。
たしか昨日、五城寮OB会の幹事さんからメールが来て、
伊藤さんは五城寮の先輩だと知らされました。

もちろんマスターとはやや年が離れており伊藤さんとは面識はありません。
当時は高専出身者の多くはそのまま就職する時代でした。
マスターの勤務先にも、伊藤さんと同世代の高専出身者がいまでも多く活躍しています。
その時代に高専から大学編入(東工大)を果たした伊藤さんは
かなり優秀な方だったと思います。
在寮は大学編入後の二年間のようだったようです。

あの大井町の古びた木造二階建てで過ごされた方と知ったときから
伊藤さんはただの匿名の人から、まるで古くからの知人のように
感じられます。「同じ釜の飯を食った仲」とはそういうものなのでしょうか。
伊藤さんと寮で面識のあった方のブログがありましたので紹介させていただきます。


伊藤さんの無念さを思いながら、祈らせていただきます。

またしても訃報知るなり鍋煮える
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お知り合いでしたか

■マスターさま。
アルジェリアのニュースは真剣に見ていました。
お知り合いでしたか。
ご冥福を祈ります。
では、また。

sohya | URL | 2013年01月27日(Sun)05:24 [EDIT]


Re: お知り合いでしたか

sohya 様
お世話様です。
記事にあるように、マスターは実際にはお会いしていないはずです。
OB会に一緒に参加されたかもしれませんが。
それでも、何とも悲しい気持ちになりました。

2000円マスター | URL | 2013年01月27日(Sun)15:36 [EDIT]