進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

塀をスタスタ 刑務所の“運び屋”猫を捕獲

ロシア・コミ共和国の刑務当局は、受刑者が所持を禁じられている携帯電話などを刑務所内に運び込もうとした猫を捕まえたと発表した。(SANKEI EXPRESS)

 猫は5月31日、首都スイクトイフカル郊外にある刑務所の塀の上で、腹に二つの小袋を付けられた状態で歩いているのを警備員に発見された。小袋には携帯電話2台と電池、充電器などが入っていた。事件の背後関係や、猫がその後どうなったかは伝えられていない。

 最終的にどうやって受刑者に携帯電話を渡す計画だったのかは不明だという。(共同)


http://sankei.jp.msn.com/world/news/130610/erp13061012090001-n1.htm
下はその猫の写真です。
ロシア猫

ロシアの猫というと、人為的に作られた長毛種をマスターはイメージしますが、
この猫は日本人好みの黒白のソックス猫のようです。
「道具」を巻きつけられたまま、刑務官に首根っこを押さえられていて苦しそうです。
ひょっとしたら受刑者の飼い猫を利用したのでしょうか。
受取人は不明でしょうから、捜査のためしばらく飼われているのでは。
運び屋なので無罪放免というわけにはいかないでしょう。
それにしても後ろの風景。
刑務所の入り口付近でしょうか。
夏なのに荒涼とした雰囲気を漂わせています。
このコミ共和国、調べるとウラルの西山麓の
ヨーロッパロシアのようですが
冬場はさぞかし雪と厳寒でしょうね。
これに似た話は今年の初めにもありました。また記事にします。

鴨歩く後に従い田に入る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する