進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

こんな映画を観たユゴ [DVD]

1979年の朴正煕大統領暗殺事件は、過去記事にあるように当時たいへんな衝撃でした。
本作はこの事件を時系列で「再現」したものです。
本作でも採用されている「実行犯は大統領への重用争いに負けそうなので、
大統領とライバルを射殺した。」という説は、当時から「その程度のことで
複数の重要人物を殺害するのか。」と疑問符がついています。
核武装に走ろうとした朴大統領をCIAが暗殺したという俗説の方が
いまだに妙な説得感を持っています。

奥さんを暗殺で失い、男やもめ状態になり酒色に耽る大統領の描写や。
事実とは違う演出ですが暗殺犯が「タカギマサオ!(朴大統領の創氏改名時の日本名
)だれでも死んだらゴミみたいなものだ。」と叫んでとどめの一弾を打つシーンなど
妙に残ります。

何分日本統治下に教育を受けた世代なので、随所に日本語だけでの会話が出ています。
役者は現在の人たちなので発音はアヤシイですが。
(本当のこの世代の日本人化教育を受けた人たちはビックリするほど
きれいな日本語を話します。)

現大統領が父の遺影に額づく当時のニュースフィルムなども出てきます。
韓国では遺族の訴えが通りこの辺りはカット公開。
完全版は日本で見られるというねじれこそ韓国現代史の闇の深さを投影しています。

韓国でも今の若い世代は「こんな真っ暗な時代があったんだ。」と驚くそうです。
一方で日本統治下に育った人材をあまり粛清せず重用したことが「北」との国力を
逆転させた一因であることは疑いようもなく、日本人としては複雑な心境になります。
(DVD鑑賞)

青田伸ぶ鴨が日ごとに隠れゆく

ユゴ [DVD]ユゴ [DVD]
(2008/06/04)
ハン・ソッキュ、ペク・ユンシク 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する