進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

二千円札どこに消えた? 発行残高、初の2カ月連続2000億円割れ


2013.11.28 11:15 [財政]

 日銀の二千円札の発行残高が、10月末までに初めて2カ月連続で2000億円を下回った。流通枚数も全紙幣の1%以下に落ち込む。沖縄サミットを記念し登場してから十数年しかたっていないのに、さっぱり流通しないのはなぜか(フジサンケイビジネスアイ)

 「金融機関から希望があれば供給しますが…。世の中の需要を反映しているのではないですか」と話すのは日銀発券局の担当者。

 ピーク時の04年8月末の流通枚数は、実は約5億1000万枚と五千円札をしのぐ規模だった。しかし、それが10月末時点で1億枚を割り込み、大量の在庫が日銀の金庫で眠っている。

 はやらない理由は、外国で一般的な2がつく紙幣が日本になじみにくいなど諸説あるが、現金自動預払機(ATM)や自動販売機などでほぼ使えないという使い勝手の悪さが大きい。


ATMでの対応自体は難しくないが、現金収納場所に限りがあるだけに一万円札や千円札の場所が狭くなり、「紙幣充填(じゅうてん)のために頻繁に止めて利便性が悪くなったり、コストが余計かかったりする」と使用者側も事情を明かす。

 ある大手自販機メーカーの担当者は「ニーズがないからつくらない」と話す。インフラの不対応が消費者の足を遠のかせ、さらに需要を押し下げるジレンマに陥っている。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131128/fnc13112811160007-n1.htm

二日ほど前から拙ブログのアクセスが増えていますが、
おそらくこの記事が原因なのでしょう。
露骨に二千円札不要を唱えないだけまだましです。
ここに触れられている5000円札も最近はあまり見かけません。
日本人の財布の中の紙幣は
1000円札と10000円札に二極分化を起こしているようです。

自動販売機で使えないというネガティブな情報は伝えているのに
自動券売機は、東日本ならば一台は必ず2000円札対応機が
置いてある、食堂などの券売機も二千円札対応機が多いといった
ポジティブな情報が伝えられていないのは残念です。

記者の取材スタンスがどちらを向いているのか
あぶりだされており残念です。

なお駅の券売機ですが関西以西ですと、2000円札対応機が
置いていない場合が多いです。
JR西日本や、私鉄王国の諸私鉄の皆さん、
ぜひ券売機更新の折にはご一考願います。

落葉を頭に乗せつつ電車乗る
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

JR西日本の券売機

JR西日本では、主要駅ではほぼすべて2000円札対応機に入れ替わっています。ですが、小規模駅では自動券売機は1000円札のみと言うところが多いです。ICOCAチャージ機や最新型の自動精算機は2000円札に対応しています。

なお、ICOCA導入している岡山支社管内の無人駅の券売機は2000円札に対応してます。(ただし、おつりは1000円札のみ)

Masaaki | URL | 2013年12月14日(Sat)21:33 [EDIT]


Re: JR西日本の券売機

Masaaki様
JR西日本の駅の券売機へのコメントありがとうございます。
私の2012年5月の体験ですと、やはり紀勢本線・奈良線・関西本線・和歌山線といった
ローカル線・小駅では未だしという思いがありましたので、そのような記述となりました。
これからもよろしくお願いします。

2000円マスター | URL | 2013年12月30日(Mon)11:28 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。