進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

マスターの叔母が認知症に

更新したくないカテゴリーがいくつかあるが
この「介護」カテゴリーもその一つ。それでも更新する事態となった。

正月明け、叔父(亡父の弟)からの年賀はがきが届いた。
文面は文字で埋め尽くされてた。読み進めると
叔母が昨年末から認知症を患い、病院に入院中だということだ。

以前は美容院を営んでいて、お喋り好きだった叔母の姿がすぐに思い出した。
震災直後の地獄の日々も叔母は元気に私たちを励ましてくれたものだ。

あの、どう見ても「認知症」とは縁遠い叔母ががなぜと思い
早速叔父に電話。

実は叔母は数年前から認知症を患い始めていたそうだ。
何も起こっていないのにいきなり警官を呼び、
しかも警官が「確かにこの方の声です。」と証言しているのに
当の叔母は警察に電話を掛けたことさえ忘れていたそうだ。

震災直後にお会いした時には特に変なところは感じなかったし
その前から、マスターの両親の介護について何度も電話をしたが
元来しゃべり好きでもあって、特に異変は感じていなかった。

昨年11月の初めに、突然家の中で暴れだしたのが本格的発症。
約一月を経てようやく隔離・閉鎖病棟に入院。

三か月しか入院が認められていないので
そのあとは認知症患者のための施設に入らないといけない。

電話口の叔父は、明らかに疲れていた。

見舞いに行く旨、叔父に話したが丁寧に断られた。
人に会える状態ではないようだ。

そうは言っても何もしないわけにもいかず
とりあえず見舞金を叔父あてに送った。

これからのことは、叔父に連絡しながら進めないといけないだろう。
そのうち必ず叔母の見舞いもしたい。

次々と凶事起こるや年の明け


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

他人(私)がどうこういうのは論外なのですが…
認知症は初期のほうが周囲は大変なのです。
ほぼ取っ組み合いでした。

介護施設はプロなので上手に介護してくれますが、家族にしてみれば行き届かない、不愉快なこと、不満なこともやはり多くて、どこまで見て見ぬ振りをするかというのはありますねぇ。
しかし、認知症のお薬も進歩していますから、きっと落ち着かれると思います。

デュエット | URL | 2014年01月18日(Sat)23:25 [EDIT]


Re: タイトルなし

デュェット様
遅くなりました。
「認知症は初期のほうが周囲は大変なのです。」
という言葉に救われました。
叔父夫婦には子供がいないので
尚更大変です。
叔母さんの兄弟が叔父夫婦と同じ街に暮らしており
そちらの援助も得ているようです。
落ち着いた時点で、介護施設に移すようです。
叔父としてはいろいろ不満はあっても
それがベストの選択のようです。


2000円マスター | URL | 2014年01月26日(Sun)08:09 [EDIT]