進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

こんな映画を観た「人生案内 」

映画館でもソフトでも映画を見られない日々が続いています。
そういう時は「本棚から映画パンフレットを一つかみ」して拙ブログ
未紹介の映画でお茶を濁します。

1931年製作のソ連邦初のトーキー映画です。

革命の混乱のなか街をたむろしていて、
悪さをしていた孤児たちが郊外の修道院跡に集められ
物つくりの仕事を初めて更生していく物語と書けば
社会主義リアリズム的プロパガンダを連想しますが
まだスターリニズムが徹底する前なので、
胡散臭さはなく、素直に面白い。

画像処理はサイレント時代を引き継いでおり
少年たちのリーダー、ムスタファが殺され
機関車の先頭に載せられ、工場への軽便鉄道の開業式に
現れるシーンでは鳴り響く「インターナショナル」も止めてしまう
という大変印象的なシーンをはじめとして
悪さを働いていたムスタファを捕まえたときの警官たちの
「またコイツか!」という悪意のない笑い顔、
少年たちを誘惑する悪所の描写や、殺害シーンなど
ワンシーン・ワンカットが大変有機的につながっている

ソビエトそのものが「世界の不良少年」だった時代だからこそ
描けた秀作かもしれない。

上映は六本木WAVEにあった「シネ・ヴィヴァン六本木」
六本木ヒルズの再開発に伴い、WAVEとともに無くなったのは残念。
元共産党員で「親ソ」だった堤清二氏が統帥だったからこそ
わざわざニュープリント上映がなされたのかもしれない。
(1986年4月鑑賞)
DVDが出ています。

人生案内 [DVD]人生案内 [DVD]
(2005/12/22)
ニコライ・バターロフ

商品詳細を見る


ロシア語版で、画像・音声ともによくありませんが全編が見られます。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する