進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いびき追放オペレーションその2

一週間後に再来院。
形だけの鼻腔検査の後
血液検査表のアレルギー関係を見せられる。
アレルギーはすべて陰性。問題なし。

血液検査も特に問題なしということだ。
(これはおかしい。γ-gtpや、中性脂肪値が
引っかかっているはずだ。おそらく耳鼻科治療には
問題がないと判断されたのだろう。)

早速、看護師に引き継がれ
一泊検診のブリーフィングが始まる。

寝室は別棟にでもあるのかと思ったが
診察室の扉の向こう側にあって意外な感がした。

扉を開けると短い廊下。
その左側に6畳程度の部屋。
セミダブルのベッドが一つ。
別途脇には小物置き、小型冷蔵庫だけ。
テレビはないようだ。
予想通りビジネスホテルの一室みたいである。
廊下の脇にはチェック用の看護師が詰める小部屋。
寝室の廊下反対側には、シャワールーム・洗面所・トイレ。

説明が始まる。
18時(医院の終了時刻)までに来院。
食事は外で済ませるか、弁当持参。
勿論アルコール禁止。一般飲料可。
パジャマは持込可。
頭部にヘッドギア状の電極を付けるらしい。
就寝時刻は21時。
シャワーは、電極を付ける前に浴びる。
石鹸等トイレタリーは用意してあるようだが
登山・旅行に使う洗面関係品を持参しよう。

夜間のトイレ行きは可。枕元のコールボタンを押すこと。
電極を外すようだ。

電極やいびきの様子を記録するのだろう。

翌朝は5時くらいに起床。
食事はなく、おそくとも7時前にはチェックアウト。
ゆっくりできない。

費用は一泊16,000円である。勿論保険は効いている。
残念ながらクレジットカードは使えないそうだ。
「入院」前に金を引き出さないといけない。

予定表を見て5月中旬の予定を入れてもらう。

次回来院は、即宿泊検査日である。

春耕や立ち話をする農夫たち


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。