進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

ツガルさん死去

「ツガルさん、たくさんの思い出をありがとう」――。横浜市立野毛山動物園(同市西区)で飼育され、世界最高齢のフタコブラクダ「ツガル」(雌、推定年齢38歳)が23日夜、老衰により死んだ。

 人間の年齢に換算すると120歳のおばあちゃんで、ご長寿ラクダ「ツガルさん」として人気だった。10年ほど前に前脚に関節炎を患い、立てなくなったが、イベントがあると、顔を上げて愛嬌あいきょうを振りまいた。

 2012年4月には同園のシンボルとして、「営業部長」になった。昨年はツガルの長寿を祝おうと、ラクダ形の折り紙を募集したところ、目標の1000個を大きく上回る1万個以上が集まった。

 飼育担当の山口進也さん(40)は「死んで悲しいけれど、ツガルさんには色々教えてもらった。大往生だと思う。ありがとうと言いたい」と話した。

 同園は24日、オリの前に折り紙を飾り、献花台を設置。メッセージを書くノートも置いた。多くの人が訪れ、ツガルの好物だった黒砂糖やリンゴを供えたり、ノートに思い思いの言葉やイラストを書いたりしていた。

 茅ヶ崎市の小学4年山本くるみさん(9)は「ツガルさんは、みんなに笑顔を届けてくれた。もっと生きてほしかった」と残念そう。横浜市南区の幼稚園教諭補助、十日市有子さん(47)は「動けなくても一生懸命生きているツガルさんを見て励まされた。これからも忘れない」と話した。献花台は6月20日まで設置される。

http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20140524-OYTNT50500.html

24日から拙ブログに「ツガルさん」の検索で
マスターの過去記事にアクセスする方が出てきました。
不審に思ったマスターも検索すると訃報の記事を見つけました。
実はマスターは24日に所用で横浜に出かけていたのです。
もし、彼女の訃報を知っていれば野毛山に足を運んだでしょう。残念でなりません。

ツガルさんには記事にした御縁もあり、ちょうど昨年の今頃
野毛山動物園に出かけてお目にかかりました。
過去の記事の様に足が弱まって坐っていましたが
元気な姿を見て安心したものです。

横浜には近々また出かける予定がありますので、
その時には献花台にも出かけようと思います。

訃報知る安居の行が始まれる
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する