進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

こんな映画を観た「ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂」

イモトのエベレスト登頂を当て込んだのか、
今夏は山岳映画の公開が目白押しです。
そのイモトが登ろうとした世界最高峰のエベレストに
初登頂をしたイギリス隊の快挙を、当事者たちの
インタビューや当時の記録フィルムや役者を使った
再現フィルムで構成するドキュメンタリー映画です。

何分60年前の話ですので、当事者たちはヒラリーを始め
鬼籍に入っており、インタビューは生前のものを丹念に
探したのでしょう。

当時は高価で低露出のカラーフィルムが惜しげもなく
使用されているのは驚くばかり。

有名なイギリスとネパールの国旗を掲げた
登頂写真の被写体はテンジンのものだと初めて知りました。

再現フィルムも丁寧に作られています。

後にヒラリーステップと呼ばれる、風で露岩となっている岩場を、
アイゼンを付けたまま体全体を使用して通過するシーンなどは、
積雪地帯と違い、露岩を逆に不安定なアイゼンを付けたままでの通過が
いかに心もとないか身をもって知っている
マスターとしては容易に感情移入ができます。

難所通過のあと聞こえるのは、アイゼンとピッケルが
クラストに静かに打ち込まれる音と、自らの呼吸音、風音だけ。
一歩一歩踏みしめながら、いつまでもこの状態が続くのかと
ふと思った時、上り坂が消えてなくなっている・・・。
積雪期登山経験者なら身に覚えのあるシーンが
見事に再現されています。

3D映画でわざわざ入り口で3Dメガネを購入しないといけませんが
3Dにする必要はなかったと思います。

もう一つ気がついたというか、改めて確認できたことがありますが
それは別記事にします。ハイ予告編


日が陰り初めて外出休日や




関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する