進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

マスターは1Fのそばの6号線を通過した

三連休を利用して母の命日前墓参を実施した。
時間に余裕があり久しぶりに車で栗原市に向かう。仙台宅で一泊。
往路のラジオで福島第一原発のそばを通る国道六号線が
一般車の通行可となったのを知り、時間はかかるが東北道でなく
建設途中の常磐道を利用して帰京することにした。
浜通りを走る6号線は、冬場に東北道が雪で不通、
あるいは危険な状況の時に利用している。
知っている路である。

仙台のはずれ、長町インターから高速に乗る。
相馬の手前でいったん高速は終了。再び相馬市の
はずれから南相馬まで二区間を乗る。
試験共用の名目で、この二区間は無料。

再び高速が終わり、
旧原ノ町市役所を過ぎると、周囲の風景がおかしくなる。
塩害ばかりではない耕作放棄地が国道の周りに出てくる。
沿道のドライバー相手の店には閉店している店も多い。

浪江町の町名表示を過ぎると
「猪・動物に注意」の看板
勿論「警戒区域につき、駐停車禁止」の意味の看板も。

おりしもFMラジオからはチャイコフスキーの
「悲愴」第一楽章が流れ始める。



あの甘く暗い「悲愴」の主旋律を聞きながら
国境検問所のような除染施設はフリーパス。
速度を落とさずに通過。

やがて町並みが現れる、
沿道の建物は3年半前の被災時のまま朽ち果てている。
放棄されたガソリンスタンドや耕作放棄地には相変わらず
被災した車が放置されている。

電柱・架線にツタが絡んでいる常磐線を右に見る。
要所には白マスクを着けた警官や作業員たちがたっている。

1F(いちえふという無機的な言い方がふさわしい。
実際に来て初めて理解した)への道は狭い農道に至るまで
すべて簡易バリケードで封鎖されている。
封鎖されているのは、道だけではない、
家屋の玄関も皆バリケードで覆われている。
停車は禁止され、信号機は皆黄色点滅。
対向車はいわきナンバーが多い。

1Fへのメインルートの入り口には
原発需要を当て込んだであろう地元資本の
赤色がすっかり褪せた
「原子力運送」という大きな広告塔がたっていた
(帰宅後調べたらやはりそうだった。現在は倒産)。

1Fは砂防林に隠れて素人目には全く見えない。

1Fのあたりを過ぎるとすぐに「富岡IC」の表示がでる。
ためらわず右折。
再び除染施設、警官たちの監視所を過ぎて高速へ。

ラジオの曲はチャイコフスキーでもヴァイオリン協奏曲に変わっていた。

まるでSF映画のような光景。
そしてかって東西分断時代に
西ドイツから西ベルリンに封印列車で向かった時の記憶が
頭の中に蘇った。

高速に乗る。「区間」は終わっていないことに気づく。
路肩にあるのは速度計でなく、
「2.5」と表示された放射線量表示計だった。
それがしばらく続く。

富岡までは東京から高速一本で行ける。
日帰りもできる時間である。
全国会議員は、欧州視察など行かずに
まず1Fそばの6号線をクルマで通ってみるべきだ。
日本にないはずのゴーストタウン。
「金目」が何をもたらしたかを。

荒れ果てる寺に一輪彼岸花

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する