進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

牛タン店探訪「仙台 なとり 柏店」

拙宅からは比較的近い盛り場、柏駅前にある牛タン店。

この日は柏駅前のデパートに用事があったのだろう、
その時駅前通りにあるのを発見。

なかは、いまどきの小奇麗なレストラン風。
週末の夕方ともあって客もほどほどの入り。

メニューからは「つくねビールセット」を頼む。

つくねで作ったビールではない。
ビールにつくねが付いたおつまみセットである。

次に「じょっぱり定食」というのをいただく。
ちなみに「じょっぱり」とは津軽弁であって仙台弁ではない。
上京以来、東北地方を十把一絡げに扱う人が多く、
驚きあきれるマスターだが、ここまで
「十把一絡げ」の扱いは初めてである。

帰宅後調べたが、この店は仙台発祥ではなく
某有名カウンター式ステーキチェーン店の
別業態店ということで、ネーミングは納得した。


「少し歯ごたえのある牛タン」というのが
この「じょっぱり定食」のウリである。
つまり牛タンでも安いスジのある部分の肉を使っているのだろう。

牛タン発祥の歴史を振り返れば安物大いに結構なので
頼んだ。
他に日本酒を頼む。

「じょっぱり」というネーミングは気に入らないが
味は総じて平均的である。

前にも書いたが牛タン専門店は
20年くらい前にあった個性的な個人店は淘汰され
この手のチェーン店のほうが
安心できるというのは物悲しい。
普通の定食屋もチェーン化されているのだから
無い物ねだりとと言われても致し方ないが。
(15年1月訪問)
http://tabelog.com/chiba/A1203/A120301/12032463/

七草の粥の青さや目に沁みる
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する