進め!2000円札

二千円札の利用を呼びかけています。画像欠落記事はコメント・  メールにて遠慮なく連絡ください。気付き次第復旧致します。

俳優 大木実氏死去

大木
85歳だそうです。二枚目から脇役・悪役まで幅広くこなしていました。
で、マスターが唯一印象に残っているのは、日活ロマンポルノ「女帝」での
三越の岡田社長役です。竹久みち役は黛ジュンです。
女帝
イメージは公開当時のポスターににています。
「世紀のスキャンダルの完全映画化」というコピーでした。
マスターの勤務先は三越そばですし、知人が三越勤務だったので
この「事件」は大変気になりました。
大下英治氏の「小説三越」も週刊誌連載中から目を通し、単行本も読みました。

大木さんは実際の岡田社長に良く似た雰囲気を出していました。
今はなき神田駅のガード下の映画館で同作品がロングランをしていたのが
記憶に残っています。「場所柄」でしょうか。

三越勤務の知人は「あの映画の通り。」と言っていました。
社員はこっそり見に行ったのでしょうね。
勿論ロマンポルノゆえ濡場もかなり出てきます。
殆どは創作でしょうが、よく岡田・竹久が訴えなかったものです。

岡田氏すでに亡く、三越も岡田氏に追放された坂倉氏の下で復活しますが
バブルがはじけて凋落。伊勢丹の軍門に下ったのはご承知の通り。
生々流転。

人ゆえに散り際綺麗にゆかまじと
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する